快眠とグリシンの関係

快眠とグリシンの関係

グリシンとは、体内で作らるアミノ酸のひとつで
睡眠の質を高める効果があります。

 

人間の体の60%は水分と言われていますが、
残りの40%は、糖質・脂質が20%、
タンパク質が20%となっています。

 

タンパク質は、アミノ酸から構成されており、
皮膚や骨などを組成するコラーゲンのアミノ酸は
三分の1がグリシンと言われています。

 

グリシンは、血流の流れをよくする働きがあり、
手足の末梢血管にまで血液を運ぶことで
全身に栄養素が行き渡ります。

 

血流が増えることで、水分が体のすみずみまで行き渡り
その結果、人体の体温を下げるため、
深い睡眠へとつながるのです。

 

神経伝達物質であるGABA(ギャバ)に次いで
グリシンはイライラを抑えたり
気持ちを穏やかにする神経伝達物質で、
睡眠の質を高める効果があり、ストレスが軽減することで
集中力や意欲が向上してくることが研究でわかってきました。

 

グリシンは、体内で生成されるアミノ酸なので、
規則正しい生活や食習慣をしていれば不足することはないですが、
偏った食生活では不足することもあります。

 

就寝前にグリシンが多く含まれた食事を摂った場合と
摂らなかった場合の実験では、グリシンが多く含まれた
食事を食べた人のほうが入眠が早く
また目覚めた時も疲労感が少なくスッキリと起きれたという
結果でした。

 

睡眠の質が向上させたい方は、
サプリで効率的に摂ることができます。

 

睡眠サプリランキング