休息サプリ「潤睡ハーブ」のオススメの理由|期間限定キャンペーン中

休息サプリ「潤睡ハーブ」のオススメの理由|期間限定キャンペーン中

夜ぐっすり、翌朝スッキリな話題の潤睡ハーブ

 

 

寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める
起きてもなんだかだるい、日中も頭がボーっとしてしまう。

 

ぐっすり眠れないと辛いですよね

 

そんな方にオススメの休息サプリ
「潤睡ハーブ」をご紹介します。

 

植物由来で安心の上、ぐっすり眠れない原因に注目して
サポートする成分をこだわって配合しているサプリです

 

 

休息不足対策その1 ”イライラ”

 

 

必須アミノ酸不足になるとイライラを引き起こす原因になり
そのイライラが玉っていると、夜せっかく休んでいても
体が起きている状態になってしまい、ちゃんと休息できません

 

 

必須アミノ酸は9種類あり、その中でも
不足すると睡眠障害やうつを引き起こすといわれるのがトリプトファンですが
これだけを摂取すれば良いというわけではなく
必須アミノ酸は全種類を摂取するバランスが大事です。

 

 

アミノ酸の桶と言われるものですが
アミノ酸の摂取量が側板の長さに見立てるのですが

 

桶に水を注いだ時には一番低い側板までしか水はたまりません

 

アミノ酸も同じ様に一番量が少ない必須アミノ酸までの分しか
有効に作用しないという事です。

 

 

潤睡ハーブは必須アミノ酸のバランスと量に優れた
クロレラを使用していて、クロレラには人体に必要な
栄養素6つが全て含まれていて、栄養補給としての役割もあるそうです。

 

他にもイライラ対策にギャバ(ガンマーアミノ酸)、ラフマエキス
クワンソウも配合されています。

 

 

休息不足対策その2”冷え”

 

運動不足や基礎代謝の低下で現代人に急増している冷え

 

眠りと深部体温は密接な関係にあって、日中溜まった深部体温を放出する為に
抹消血管を広げて血流量を増やして熱を放出します
子供が眠い時に手足の温度が上がるのがこれですが
このタイミングで寝る事で深い眠りになります。

 

冷えの人は日中から体温が上がらず、深部体温を放熱しようとする
働きがされにくくなるので、深い眠りにはいって休息しずらくなってしまいます。

 

 

潤粋ハーブはこの冷え対策の成分も入っています

 

まず、体をポカポカにする事で有名な生姜
その中でも生姜の王様と呼ばれる金時生姜

 

それに加えて昔から体を温める素材として知られてきた
コショウ科の植物「ヒハツ」も入っています

 

 

この2つの成分で身体を温め、バランスの良い必須アミノ酸で
イライラ対策をして休息をサポートするんです

 

しかも植物由来の成分なので体へ負担をかける事なく
安心して飲めるという事もありオススメです!

 

 

今なら定期購入の初回66%OFFで2回目以降も33%OFFで
送料・手数料無料の限定キャンペーン中です。
※キャンペーンは先着300名ですので詳細は公式ページをご覧下さい。

 

定期といってもいつでも解約出来ますし
10日間の返金保証も付いているので安心して試せます