休息(快眠)成分

休息(快眠)成分記事一覧

ラフマ葉は、中国に生息するキョウチクトウ科の多年草で、中国では、古くからお茶や薬として親しまれており、心臓病や高血圧、腎臓病や不眠症や風邪、精神安定など様々な症状に効果があると言われています。ラフマ葉がなぜ不眠症に効果的なのか。それはセロトニンと関係があります。セロトニンは、体内で重要な役割を果たしている神経伝達物質の一つで、人間の精神の安定や心に安らぎに関与しています。セロトニンが不足すると、キ...

ギャバ(GABA)は、アミノ酸のひとつで神経伝達物質としてストレスを軽減したり精神を落ち着かせてリラックスした状態にする作用があります。高血圧や中性脂肪を抑える働きがあり、腎臓や肝臓の働きを高めるほかリラックス効果、不眠症改善などの効果が知られています。「ストレスに勝つ!」とギャバ商品が売れていますがギャバが不足すると、高ぶった精神やストレスを抑えることができなくなります。ギャバは本来、体内で生成...

トリプトファンは、必須アミノ酸の一つでからだの中で作ることができないため、食品やサプリなど体外から摂取しないといけません。トリプトファンは、睡眠に大きく関与するセロトニンやメラトニンの生成をします。適正な摂取量は、神経を落ち着かせ自然な睡眠を促す、不安や緊張を落ち着かせるなどといった効果があります。不足すると、睡眠不足や不眠症といった症状を引き起こします。体内で生成されないため、食品やサプリなど外...

クワンソウは、沖縄に咲くユリ科の植物で花はきれいなオレンジ色をしています。昔は王宮料理にも使われたほどクワンソウは、沖縄に咲くユリ科の植物で花はきれいなオレンジ色をしています。昔は王宮料理にも使われたほど食べやすくて美味しい食材で、沖縄では昔からイライラするときや、気分が落ち込んだ時に好んで食べられていたようです。そんな作用のあるクワンソウですが、薬ではないので食べても副作用はありません。しかし生...

グリシンとは、体内で作らるアミノ酸のひとつで睡眠の質を高める効果があります。人間の体の60%は水分と言われていますが、残りの40%は、糖質・脂質が20%、タンパク質が20%となっています。タンパク質は、アミノ酸から構成されており、皮膚や骨などを組成するコラーゲンのアミノ酸は三分の1がグリシンと言われています。グリシンは、血流の流れをよくする働きがあり、手足の末梢血管にまで血液を運ぶことで全身に栄養...