不眠症に効果的といわれるラフマ葉とは

不眠症に効果的といわれるラフマ葉とは

ラフマ葉は、中国に生息するキョウチクトウ科の多年草で、
中国では、古くからお茶や薬として親しまれており、
心臓病や高血圧、腎臓病や不眠症や風邪、精神安定など
様々な症状に効果があると言われています。

 

 

ラフマ葉がなぜ不眠症に効果的なのか。
それはセロトニンと関係があります。

 

セロトニンは、体内で重要な役割を果たしている
神経伝達物質の一つで、
人間の精神の安定や心に安らぎに関与しています。

 

 

セロトニンが不足すると、キレやすくなったり
気分的に沈んでうつ病になったり、
不眠症になったりします。

 

逆にセロトニンが十分であれば
心のバランスが整い、心が安らぎよく眠れます。

 

 

ラフマ葉は、脳内のセロトニンを増やす効果があり、
中国では、長年愛用され、安全性が高いことから
正常な睡眠サイクルや精神安定に役立つと
お茶として愛用されている生薬でもあります。

 

 

ラフマ葉を抽出したのがベネトロンですが、
人体でも睡眠の質が向上することが、
臨床データでも認められています。

 

ベネトロンは、米国でセロトニン増加の有効成分が認められた
セントジョーンズワートと比べて
ストレスを抑える効果が33倍も高いのに
副作用がなく安全性が高いのが解っています。

 

 

ラフマ葉抽出物であるベネトロンは、
薬物相互作用がないということでも注目を集めています。

 

 

睡眠サプリ(休息サプリ)ランキング

ラフマ葉が配合されている睡眠サプリメント

商品名

ラフマ葉の配合

マインドガードDX

×

潤睡ハーブ

北の大地の夢しずく

×

ネムリス

ルナハーブ

 

 

関連ページ

ギャバ(GABA)
抗ストレスで注目されているギャバ(GABA)と快眠はどのように関係しているのか?
トリプトファン
睡眠に大きく関与する必須アミノ酸トリプトファンの働きと睡眠の関係。
クワンソウ
睡眠に大きく関与するクワンソウの働きと睡眠の関係。
グリシン
アミノ酸のひとつグリシンと睡眠の質の関係について調べました。