休息(快眠)成分

睡眠豆知識記事一覧

人間は生きている限り必ず睡眠をとりますでも、何故睡眠が必要なのか知っていますか?最も大きい理由としては心身の疲れを回復させるという点にあります。睡眠不足で疲れが回復できないと免疫力が低下してしまいますわかりやすい所で言うと風邪をひきやすくなりますしかし、それだけではなく成長ホルモンの分泌が低下するので体はもちろん脳にも弊害を起こしてしまうそうです。健康に生活するには良い睡眠は欠かせないものです適正...

現代人の5人に1人は眠りについての悩みを抱えているといわれています。どうしたら眠れるようになるかをインターネットや書籍などで情報を集めて実践している人も多いようですが中には根拠がまったく無い迷信のようなものや古い常識が含まれていることも多くそういったものを実践しても逆効果になる事もあるので注意が必要です。間違った常識で有名なものについて解説します●心身の回復には長く眠った方がいい人に必要な睡眠時間...

睡眠にはサイクルがあり入眠後に「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返します。レム睡眠は特徴として急速な眼球運動を伴う眠りで、筋肉は弛緩し、休息状態ではあるものの、脳や自律神経の働きが高く、血圧も比較的高め脈拍も速めになっている状態ですこのレム睡眠時には起きている間に収集した情報を整理していると考えられていますその為、レム睡眠を取るのと取らないのでは技能や語学等の習得効率が変わってきます。ノンレム睡...

体内時計という言葉は耳にした事があると思いますが人間の体内時計は実は24時間ではない事は知っていますか?地球の自転が24時間なので1日は24時間ですが人間の体内リズムは25時間周期だと言われています。1日1時間ずつずれていく事になりますがこれをリセットして調整している因子があります食事や湿度・湿度のような環境的同調因子会社の始業時間や学校の始業時間といった社会的同調因子といったものがありますが中で...

昼間はそうでもないのに夜になると痒くて眠れないことはありませんか?なんで寝る前に限って、、、と思いますよねでも、夜になると痒くて眠れなくなるのには理由があります人間の体には、手足の様に自分の意思で動かせるものと自分の意思とは関係なく内蔵を動かしたり、体の機能をコントロールしている自律神経があります。この自律神経には活動・緊張・ストレスがある時等にはたらく交感神経と休息・睡眠・リラックスしている時に...

不眠でも睡眠薬に頼るのは怖いというイメージがある人は多いと思います。これは昔の睡眠薬は依存性が高く呼吸器や循環器の機能を抑制する作用があったので睡眠薬自殺等のイメージが強いのではないでしょうか?現在の睡眠薬はこういった副作用がほとんどない脳内のベンゾジアゼピンに作用する睡眠薬が開発されていますただ、依存性は高くなくても、自分の判断で突然飲むのをやめると一時的に不眠が悪化する事もあるので(反跳現象)...

寝不足や寝すぎなどよく聞きますが適切な睡眠時間がどれくらいかと言われて何時間かすぐに答えられますか?8時間睡眠が良いとか3時間寝れば十分だとか色々な情報があふれていますが実際はどれくらい寝るのが一番いいのでしょう?厳密に言えば年齢・性別・季節・生活環境といった色々な要素で個人差がありますがカリフォルニア大学の研究では毎日6.5〜7.5時間睡眠をとっている人の死亡率が一番低くなりそれ以上睡眠時間では...

よく眠れるからと寝酒を飲む人がいますが実際にはお酒を飲むと睡眠の質が下がります。理由としてはアルコールでリラックスしてアルコールの血中濃度が上がると眠くなりますがアルコールの血中濃度が下がると共に覚醒度を高めるようになり眠りが浅くなりますまた、利尿作用があるので夜中に起きてトイレにいく回数が増えてその度に目が覚める事になり分断睡眠になってしまい結果として眠りの質が下がる事になります。さらにリスクも...

熟睡できる体を作るために生活のリズム、体内時計を調節する為に朝の習慣にすると良い方法をご紹介します。体内時計のリズムを整える為に毎朝の起きる時間を決めて出来るだけ決まった時間に起きるようにしましょう。寝覚めの悪い人は朝起きる時には血圧を上げて目覚める為のスイッチを入れる為に仰向けに寝転んでいる状態で手足をグーパーするのを30回くらい繰り返すと血圧が徐々に上がって目覚めやすくなります(血圧が高い人や...