快眠について誤解していませんか?

快眠について誤解していませんか?

現代人の5人に1人は眠りについての悩みを抱えているといわれています。

 

どうしたら眠れるようになるかをインターネットや書籍などで
情報を集めて実践している人も多いようですが

 

中には根拠がまったく無い迷信のようなものや
古い常識が含まれていることも多く

 

そういったものを実践しても
逆効果になる事もあるので注意が必要です。

 

 

間違った常識で有名なものについて解説します

 

●心身の回復には長く眠った方がいい
人に必要な睡眠時間は生まれつき個々で決まっている
と考えられているので、睡眠時間が長すぎても短すぎても
健康にはよくありません。

 

 

●1日8時間睡眠するのがいい
人間には1日に8時間の睡眠が必要という説をよく耳にしますが
実はこの説には全く根拠が無いそうです。
必要な睡眠時間は年齢・性別・季節・生活環境等の様々な要素で
変わる為個人差が大きいという事です。

 

 

●寝酒を飲むとよく眠れる
適量のアルコールを摂取する事で
寝つきが良くなる事はありますが
実際には、眠りが浅い状態が続いていて
中途覚醒が多発しているそうです。
また、寝酒が週間になると一時的には良くても
また眠れなくなると酒量が増えていき
身体を壊す可能性もあるので注意しましょう。

 

関連ページ

睡眠が必要な理由
生きている以上絶対に必要な睡眠ですが、何故睡眠が必要なのか知っていますか?
レム睡眠とノンレム睡眠
毎日の睡眠でも以外と知らないことが多いです、詳しく調べてまとめました。
体内時計は24時間ではない?
人間の体内時計は24時間ではないので、ズレないようにリセットが必要です。
痒くて眠れない原因は?
痒くて眠れない、そんな辛い夜のむずむずの原因とそれを解消する方法は?
睡眠薬は怖い?
毎日の睡眠でも以外と知らないことが多いです、詳しく調べてまとめました。
理想の睡眠時間
1日に何時間寝るのが理想的な睡眠時間か知っていますか?研究で明らかになった長寿の為の睡眠時間とは
寝酒に注意
寝酒を飲むと寝つきがよくなっていると思っていませんか?実は熟睡できていないんです。
朝の生活習慣
熟睡できるようになる為には、生活のリズムを整え、体内時計をリセットするのが効果的です実際の例をあげてご説明します。