寝酒は睡眠の質を下げるので注意しましょう。

寝酒は睡眠の質を下げるので注意しましょう。

よく眠れるからと寝酒を飲む人がいますが
実際にはお酒を飲むと睡眠の質が下がります。

 

 

理由としては
アルコールでリラックスしてアルコールの
血中濃度が上がると眠くなりますが
アルコールの血中濃度が下がると共に
覚醒度を高めるようになり
眠りが浅くなります

 

また、利尿作用があるので夜中に起きて
トイレにいく回数が増えて
その度に目が覚める事になり
分断睡眠になってしまい
結果として眠りの質が下がる事になります。

 

 

さらにリスクもあり
アルコール依存性睡眠障害という病気になる恐れもあります

 

この病気はどういうものかというと
寝酒を飲むようになると習慣化することが多く
依存を招きやすいのですが
どんどん酒量が増えていき
お酒を飲まずには眠れなくなります

 

そして睡眠中でも酔いがさめてくると目が覚めて
目が覚めると夜中にまたお酒を飲んで寝る
といった事を繰り返すようになります。

 

あまり酒量が増えて記憶障害が起きるようになると
脳の萎縮の危険もあるので
こうなる前に自制して
なるべく寝るためにお酒を飲むのはやめた方がよいでしょう。

 

 

どうしても眠れない方は
昔と今は違い副作用のあまりない睡眠薬や
身体にやさしい自然物由来の
睡眠サプリメントなどもたくさんあるので
サプリメントを試して駄目なら専門医で相談してみてはいかかでしょうか?

 

 

関連ページ

睡眠が必要な理由
生きている以上絶対に必要な睡眠ですが、何故睡眠が必要なのか知っていますか?
快眠の誤解
快眠の常識にも実は根拠がなかったり古い常識もあります、詳しく調べました。
レム睡眠とノンレム睡眠
毎日の睡眠でも以外と知らないことが多いです、詳しく調べてまとめました。
体内時計は24時間ではない?
人間の体内時計は24時間ではないので、ズレないようにリセットが必要です。
痒くて眠れない原因は?
痒くて眠れない、そんな辛い夜のむずむずの原因とそれを解消する方法は?
睡眠薬は怖い?
毎日の睡眠でも以外と知らないことが多いです、詳しく調べてまとめました。
理想の睡眠時間
1日に何時間寝るのが理想的な睡眠時間か知っていますか?研究で明らかになった長寿の為の睡眠時間とは
朝の生活習慣
熟睡できるようになる為には、生活のリズムを整え、体内時計をリセットするのが効果的です実際の例をあげてご説明します。