睡眠薬は怖い?

睡眠薬は怖い?

不眠でも睡眠薬に頼るのは怖いというイメージが
ある人は多いと思います。

 

これは昔の睡眠薬は依存性が高く
呼吸器や循環器の機能を抑制する作用があったので
睡眠薬自殺等のイメージが強いのではないでしょうか?

 

現在の睡眠薬はこういった副作用がほとんどない
脳内のベンゾジアゼピンに作用する睡眠薬が開発されています

 

ただ、依存性は高くなくても、自分の判断で
突然飲むのをやめると一時的に不眠が悪化する事もあるので(反跳現象)
医師や薬剤師に相談して量を調節するのが大切です。

 

 

病院にいくのが面倒で市販の睡眠薬を服用する人もいますが
市販約はほとんどが抗ヒスタミン剤で処方される薬とは
仕組みが違い、一時的には効果があっても慢性的な不眠には
適していない上に、長期間服用し続けると副作用もあるので
自然の成分で作られているサプリメントか病院の受診をオススメします。

 

 

関連ページ

睡眠が必要な理由
生きている以上絶対に必要な睡眠ですが、何故睡眠が必要なのか知っていますか?
快眠の誤解
快眠の常識にも実は根拠がなかったり古い常識もあります、詳しく調べました。
レム睡眠とノンレム睡眠
毎日の睡眠でも以外と知らないことが多いです、詳しく調べてまとめました。
体内時計は24時間ではない?
人間の体内時計は24時間ではないので、ズレないようにリセットが必要です。
痒くて眠れない原因は?
痒くて眠れない、そんな辛い夜のむずむずの原因とそれを解消する方法は?
理想の睡眠時間
1日に何時間寝るのが理想的な睡眠時間か知っていますか?研究で明らかになった長寿の為の睡眠時間とは
寝酒に注意
寝酒を飲むと寝つきがよくなっていると思っていませんか?実は熟睡できていないんです。
朝の生活習慣
熟睡できるようになる為には、生活のリズムを整え、体内時計をリセットするのが効果的です実際の例をあげてご説明します。